先輩のある一言

つい先日、忘年会で起こった
衝撃的な話しをシェアします。

ある先輩が言った一言が
衝撃過ぎて、、、

電流が走ったんですが。。。

話しを続けます。

この先輩達は、中学校の時の
先輩で、もう気が付けば
お付き合いが20年以上。

とは言っても、

皆が集まるのは、1年に1回の
この忘年会の時だけです。

ちなみに、去年は仕事が
忙しすぎて、参加する
ことが出来ませんでした。

さらに、今年も仕事が忙しかったので
かなりキツかったけど、無理して参加を
してきました。

仕事を頑張って終わらせて
合流したのが23時過ぎ、、

先輩達は、17時ぐらいから
飲み始めていたようなので
かなり遅い合流。

「おぅ!たくろう!お疲れさま。
仕事大変そうだなぁ~
わざわざ来てくれてありがとう。」

遅い合流だったのにも関わらず
暖かく迎えてくれる先輩達。

正直、嬉しかったです。

そして…

自分の事を

「たくろう」って
呼んでくれる人は少ないので
これもちょっと嬉しいんです(笑)

まぁそんなわけで、合流して
そこから飲み始めました。

忘年会は、先輩の家で飲み会
だったんですが、少し時間が
立ってから外に移動。

お店をこんな感じで
ハシゴ。

⇒ショットバー
⇒ゲイバー
⇒フィリピンパブ
⇒ラーメン屋

そして…

ラーメンを食い終わったのが
朝の5時近くでした。

タクシーを呼んでも
どこも来ない。

外は寒い。

でも、タクシーは来ない。

結論、先輩の家まで歩きながら、
タクシーを拾う流れに…

▼僕の心の声
「頭イテー。寒いー。辛いー。
歩きたくないーーーーーー。」

こんな感じ。

歩きながら、国道を見て
タクシーが通過する事を祈る。

だけど、タクシーは通らない。

そして、寒い。頭が痛い。

最悪な状況。

▼僕の心の声
「頼む。頼むよぉ。マジで。
タクシー通ってくれ。。。。。」

そんな事を心の中で
願っていると…

「おぅ!!!!!!!!!!!!
タクシーだ!!!!!!!!!!」

「こっちこっち!!!」

無残にも、
それは代行の車だった(笑)

また、仕方無く歩く。

もう30分以上は歩いている。

★先輩
「もう歩いて帰るしかなさそうだなぁ~」

▼僕の心の声
「マジっすか!死んじゃいますよ。。。
なんで、こんな遅くまで飲むんだよ。。
もっと早く帰ればこんな事には
ならなかったのに(,,゚Д゚)」

▲僕の普通の声
「わかりました!!!!(・∀・)」

と、冷静さを装う。

でも心の中では辛くて、辛くて
コンビニに入って温まりたかった。

とにかく寒いし、頭が痛い。
気持ち悪い。

でも、先輩がそう言うし、
先輩が先導をきって歩いている以上、
従うしか無い。

一先ず、歩く。

★先輩A
「そういけば、お前は前に
○駅から○駅まで歩いてたなぁ~」

★先輩B
「あぁ~歩いた。歩いた。」

★先輩A
「あの距離から比べれば
余裕だろ。」

★先輩B
「電車が無くなれば、ただ歩けばいいだけ。」

前に歩いていた先輩が
何気なくこんな会話をしていた。

それを聞いて、
僕は、ちょっと心の中で電流が走った。

先輩Bの人が何気無く言った言葉。

「電車が無くなれば、ただ歩けばいいだけ。」

よく、こんなクソ寒い状況で
そんな言葉を何気なく言えるのか。。。

あの状況で僕には、
絶対に言えない言葉だったし、

同時に、
この言葉はとても「深いぃ~」って
感じてしまった。

何か心の中で電流が走った感じ。

===============
どんな状況になったとしても、

何も無かったとしても、

一歩づつ前に歩けばいい。

ただ、それだけで
目的地には到達する。

だから、歩けばいいじゃん。
===============

この言葉には、
そんな強い意味が入って
いるように感じた。

まだ、まだ、まだ、

僕は小さいなぁって感じた。

しかし…
現実はそう甘くは無い。

本気で寒い。
凍えそう。

心の中ではタクシーに
乗りたい度120%。

確かに良い言葉だとは
思ったけど、

現実は違う。

▼僕の心の声
「寒いんじゃ!死にそう(,,゚Д゚)」

心の中で電流が走ったと

同時に

体は芯から冷える。

現実は残酷である。

それでも、
先輩達は僕の前を歩く。

★先輩A
「よし!あとちょっとや!
走るか!!!!!!」

▼僕の心の声
「えっ!!!!マジっすか!!!(,,゚Д゚)」

▲僕の普通の声
「了解です!!!!(・∀・)」

クソ寒いし、頭痛いし、

朝5時ぐらいになんで

走らんとあかんねん!

(,,゚Д゚)
(,,゚Д゚)
(,,゚Д゚)

恐らく1時間以上歩いたし、
最後は、まさかのランニング。

ワイルドすぎる(・∀・)

先輩達は偉大ナリ(゚A゚;)

■まとめ

何も無くても良い。

ただ、その道を1歩づつ歩くだけで

必ずゴールには到着する。

しかし、

その道は険しい。辛い事ばかり。

しかし、

そんな時に

その道を一緒に歩いてくれる

「仲間」が居たり「先導」してくれる

仲間が居れば、挫折する事なく、

道を渡り切る事が出来る。

だから、そんな仲間を持つ事が
人生において最も大切なんだと思う。

おわり。

PS
僕はこの曲が大好きです。

ケツメイシ:仲間
https://youtu.be/2DTQ1l7Z3BE

PPS
僕の本です。興味があればどうぞ、
http://goo.gl/eh7arh