サラリーマンを大切にしなさい。

偶然、北野武さんが出している

「新しい道徳」と言う本を

手にして読んで感じた事が
あるからシェアしようと思う。

あくまでここに書く意見は
僕の勝手な意見なので、

気にする必要も無いし、

「その考え方が間違っている」

と言う人も居るだろう。

だから、少しでも気分を害する
ような事があるのであれば、
直ぐに読むのを辞めて欲しい。

読む読まないは、
全て自己責任でお願いしたい。

では、本題に入っていこう。

電車やバスに乗って
目の前に老人が立っていたら
席を譲ると言う行為。

これは、僕達の教育の過程で
なんとなく教わってきたけど、

僕が電車通勤をしていた時に
リアルに感じた事がある。

その当時は、毎日のように
終電に乗って家に帰って
いたんだけど、

回りを見渡すと
サラリーマンの人達が
疲れきって口を空けて
寝ている光景をよく
見ていた。

そんな光景を見て、

「サラリーマンって
大変やなぁ~」

と思いつつも
自分も終電で帰っている
と言う矛盾を感じていた。

今、日本の経済を
支えているのは、

しっかりと会社勤めをして
サラリーマンとして毎日
嫌な上司に頭を下げながら

必死に働くサラリーマンが
税金をしっかりと収めてくれる
からでは無いだろうか?

サラリーマンとして
正社員として働いていれば
必ず会社から税金関連が
天引きされているはずだ。

毎日、必死に働き、
国に税金を収める。

もし、頑張る
サラリーマンの人達が
日本に居なかったら
きっと日本はもっと財政難に
陥っていると思う。

しかしながら、
老人は、年金を貰っている。

勿論、税金は払っていると
思うけど、国からお金を
貰える立場に居る。

僕は思う。

たしかに、日本の国を
支えてくれる為に、

老人の人達が頑張って
くれたから、

今の日本があるはずだし
感謝の気持ちは、
持たないといけない。

でも、

「老人」だからと言って

特別扱いするのは
どうなんだろうって思う。

僕が電車に乗っていた時に
思ったことは、

本当に老人の事を思って
健康的に生きて欲しいので
あれば、健康の為に

電車に乗る時は立つ。

移動は歩く。

と言う事をススメる方が
本当の老人の為になるのでは
無いだろうか?

そんな事を思っていた。

老人になれば、
筋肉は衰えてしまう。

そんな、
衰えてしまう筋肉を
休ませてしまったら、

さらに筋肉は
衰えてしまう。

つまり、老人に
席を譲ると言う行為は

さらに筋肉を衰えさせて、
寝たきりにさせてしまう
行為では無いだろうか?

一方、サラリーマンは
今を戦っている。

今の国を支えてくれている。

電車に乗った時は
しっかりと休んで、

体力を回復させ

明日も仕事を頑張って
もらった方が良いと思う。

結局の所は、
本当に大切な事は

「感謝の気持ちを持つ」

と言うシンプルな
ことだけだ。

電車で席を譲ると言う行為が
美徳では無く、

ただ、ただ、

感謝の気持ちを忘れなければ
それでいいだけの事。

老人にも感謝し、
サラリーマンにも感謝し、

生きとし生きる物に
全てに感謝すればいい。

もし、老人がサラリーマンに
感謝の気持ちを持っていれば、
きっとこんな事を言うに違いない。

■サラリーマン。
「おばあちゃん。良かったら
コチラの席どうぞ。」

■おばあちゃん。
「いやいや。私はもう働けない体です。
サラリーマンのあんたさんが座りなさい。
しっかりと休んで明日も仕事がんばって
くださいね。私みたいな老人が座って
しまったらさらに老けるだけだよ(笑)」

こんな会話があっても
おかしくないと思う。

本来であれば、感謝の気持ちに
優先席など無いはずだ。

皆が感謝の気持ちを
ただ、持てばいい。

それだけのことだと思う。

だから困ってそうな
顔を見たら、席を譲って
上げればいいだけの事。

声を掛けて上げれば
いいだけの事。

とてもシンプルに
考えればいいのでは
無いだろうか。

おわり。