僕が東京でアノ3人から学んだ事

明日、鹿児島に帰る前に
少し東京で学んだ事をシェア
しようと思う。

=====
チョコさん。
=====

■チョコさん
「吉谷さん!メシ行きませんか?」

■僕(・∀・)
「ハイ。いつもで食える状況です!」

■チョコさん
「ヨドバシカメラ行きましょう。」

■僕(・∀・)
「ラジャー!」

そんな感じでチョコさんと近くの
ヨドバシカメラに行く事になった。

このヨドバシカメラのビルの上には、
ご飯が食べる所があるので、
そこでご飯を食べる事に。

そして、ヨドバシカメラは
歩いて実に10分程度の距離にある。

だがしかし!

だがしかし!!!!!

何気なく、
チョコさんはタクシーを止める。

■僕(・∀・)
「えっ!?チョコさん。
すぐそこですよ!ヨドバシカメラw」

■チョコさん
「だって歩くの面倒くさいんだもんw」

■僕(・∀・)
「wwwwwwwwwwwww」

僕は、こんな近い距離に移動するのに
タクシーに乗った事は無い。

なぜなら、
歩いて10分程度で
付く場所である。

いつも深夜にごっつと言う
ラーメン屋さんに歩いていくんだけど、
そのラーメン屋さんより近い距離。

■僕の心の声( ˘ω˘)
「なんて事だ!!!!!!!
こんなな距離にお金を使うなんて!!!
歩けばいいじゃんwwwww」

そして、チョコさんは、
タクシーの中でこんな事を教えてくれた。

■チョコさん
「吉谷さん。だって考えて見てください。
たった420円で涼しく移動が出来て、
ストレスフリーですよ。
しかもタクシーに乗れば移動は3分でしょ。
絶対にこっちの方が効率が良いですよ!!」

■チョコさん
「暑い中、歩いてビショビショになって
暑い暑いってストレス抱えて、歩いてから
ご飯食べたら美味しく食べられないでしょ。」

■僕(・∀・)
「ん〜確かに!!!」

僕は、チョコさんの
言葉に妙に納得してしまったw

確かに、全てをトータルで
考えるのであれば420円は安い。

そもそも時間はお金では
買う事が出来ないのである。

しかし、420円を払う事によって、
涼しい思いをしながら移動し、
ストレスフリーで、さらに移動は
7分の短縮が可能になる。

色々な視点で考えると
420円は安い。

そう考えさせられた。

そして、ヨドバシカメラに到着後、
僕はチョコさんの後ろをチョコチョコ
付いて歩いていく。

数分後、あるお店に到着。

そのお店はうなぎ屋さんだった。

■僕の心の声( ゚∀゚)・∵. グハッ!!
「まさかの、うなぎwwwwwwwwww」

■チョコさん
「吉谷さん。注文しちゃいますよ。」

■僕(・∀・)
「ラジャー!」

そして、僕の目の前には
「特上うな重」が出てくる。

ふぅ〜

特上!!!!!!!!!!!( ゚∀゚)・∵. グハッ!!

フタをかぱっと開けると、
そこには、キラキラ輝いた
うなぎ君達が綺麗に整列して
並んでいた(・∀・)

箸を右手に、

ワクワクしている心を
グット抑えて、
唾液を抑えて、

いざ、実食!!!!!

■僕(・∀・)
「うめぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!」

■僕の心の声( ゚∀゚)・∵. グハッ!!
「特上うな重の味はヤバイwwwwwwww
なんだこいつらwwwwwwwwwwww」

まぁそんなわけで、
特上うな重を堪能する。

そして、特上うな重を二人で
食べきったあとに、会計に進む。

二人で9910円ナリ( ゚∀゚)・∵. グハッ!!

■僕の心の声( ゚∀゚)・∵. グハッ!!
「ランチの料金が1人あたり、
約5000円wwwwwwwwww
オイ!!!!!!!!!!!!!
吉牛10杯以上食えんぞ!!!!」

だが、
しか〜し!!!!

いつもチョコさんにご飯を
おごって貰っているので、

■僕(・∀・)
「チョコさん。今日は僕が出しますよw」

■チョコさん
「えっ!!!!!?」

ギョッとした目で僕を見る。
いつも全くお金を払わない僕が
お金を出すとイキナリ言い出してきて
ビックリしたもよう。

■チョコさん
「えっ!?いやいや。
俺だしますw」

結局の所、いつも通りに
おごってもらえた(・∀・)イイ!!

チョコさんって
優しいね(・∀・)イイ!!

そして、
帰り際にこんな事を
チョコさんはぼやく。

■チョコさん
「メニュー色々と選んで、安いの食べて、
それが美味しくなかった時の残念感が
嫌なんですよ。
食べるならちゃんとしたやつ食べないとね。」

■僕(・∀・)
「確かに。。。。。」

またしても、
妙に納得させられる。

=====
おっぱい星人
=====

田舎からとある
おっぱい星人が東京に
遊びにきた時の事。

■おっぱい星人
「ちゅ〜っす!
今日朝4時起きですよw」

■僕(・∀・)
「マジっすか!!!」

おっぱい星人は、
どうやら朝4時に起きたらしい。

で、

イキナリ午前中から
あんな話だったり、
こんな話だったり、

そして・・・

■おっぱい星人
「僕、母乳が好きなんですよ!」

■僕(・∀・)
「えっ!?ぼ、ぼ、ぼ、ぼ、ぼ、ぼ
母乳〜〜〜ですか!!!!!??」

僕がおっぱい星人と命名した
理由はこの話を聞いたからと言うのは
言うまでもない。

そして、
エロトークは何時間も続くw

■おっぱい星人
「吉谷さん。ごっつ食べたいですね。」

■僕(・∀・)
「行きましょうかwお昼ですけどw」

どうやらおっぱい星人は、
僕のFacebookライブを見て
秋葉にある最強こてこてラーメン
ごっつを食べたくなったらしい。

と言う事で、

二人でお昼から
最強こてこてラーメンごっつを
食べに行く事に。。。

しかし、
その日は日曜日。

外を歩いていると
秋葉の街には人が
溢れんばかり。

ちなみに日曜の秋葉は
ホコ天になる。

とりあえず、
人がわんさかおる。

■僕(・∀・)
「東京って人だらけっすよねぇ〜
早く鹿児島に帰りたいですよぉ〜〜」

■おっぱい星人
「吉谷さん。だけど、
僕は東京は好きですよ。
だっておっぱいがいっぱい
歩いているじゃないですか!」

■僕(・∀・)
「ん!?ど言う事ですか?」

■おっぱい星人
「確かに東京は人が多いですけど、
歩いている時におっぱいを見るんですよ。
そうすると、楽しいですよ!!!」

■僕(・∀・)
「ん!!!!!???
あっ!確かに!!!!!!!!!!!!!
そんな考え方があったとは!!!!!!!」

僕は、今まで東京が嫌いだったんだけど、
その考え方を聞いた瞬間。

目の前にはおっぱいパラダイスの
草原が広がってきた(・∀・)イイ!!

■おっぱい星人
「何事も考え方1つですよね。
東京はこうやって楽しむんですよw」

=====
タクシーのおっさん。
=====

とある日の夜。

■チョコさん
「よし!吉谷さん行きますか!」

■僕(・∀・)
「はい!!!!!!!!!!!!!」

そんなわけで、
僕たちはとある場所に向かう事になった。

そこの場所までは、
タクシーで15分ぐらいだったと思う。

そして、タクシーの中では
こんな会話が繰り広げられる。

■チョコさん
「タクシーの仕事って大変ですよね。
だって色々なお客さんいますもんね。」

■タクシーのおっさん
「確かに色々なお客さん居ますけど、
そんな事は無いですよ。楽しいですけどね。」

■僕の心の声( ˘ω˘)
「タクシーの仕事が楽しい?
そんなわけないだろうwww」

■タクシーのおっさん
「全ては考え方1つですよ。
僕なんかは、女性が乗ってきたら
今日はどこにデートに行けるんだろうって
ワクワクしますし、
男性の人が乗ってきても、
今日はどこに連れて行ってくれるんだろうって
ワクワクしますけどね。
そう考えると楽しいんですよ。」

■僕の心の声・ω・
「このおっさん。ただものじゃない!
きっと、ちょ〜ベテランドライバーに
違いない!!!!!!!!!!!!!」

■僕(・∀・)
「この仕事って何年ぐらいやってるんですか?」

■タクシーのおっさん
「まだ3年ぐらいですよ〜」

■僕(・∀・)
「マジっすか!!!!!?」

話を聞いていると、
ちょ〜ベテランのような考え方を
していたけど、実際の所
タクシー運転手になって3年ぐらいとのこと。

一体、前職はどんな仕事を
していたんだ!!!!!!!!!

このおっさん( ゚∀゚)・∵. グハッ!!

とりあえず、
普通のタクシードライバーの
オーラとはちょっと違った。

僕はあんまりタクシーに乗らないけど、
乗ると、大抵の運転手の表情はつかれた顔を
しているし、時にはイライラしている。

だけど、
このおっさんの表情は
とても落ち着いていて、
仏様のような安らかな
オーラを放っていた。

=====
まとめ。
=====

■考え方次第で、
選択は増やす事が
出来るようになる。

真夏の暑い日に、

「クソあちぃ〜〜〜!
だりぃ〜なぁ〜〜!」

と思っても、

暑いと言う現象を
変える事は出来ない。

だけど、

考え方を変える事によって、
タクシーに乗ると言う手段を
選択出来るようになる。

420円でストレスフリーで移動出来て
時間も短縮出来ると考えれば安いものである。

タイムマシーンが無い限り、
1億積んでも過ぎ去ってしまった
時間を買う事は出来ないのだから。

■考え方次第で、
ワクワク生きる事が出来る。

東京の人混みの中、

「人多すぎ。ごみごみしすぎ!
なんでこんなに混んでるの!」

と思っても、

沢山の人がいると言う現象を
変える事は出来ない。

だけど、

考え方を変える事によって、
そこはおっぱいがいっぱいの
パラダイスに変わる。

■考え方次第で、
仕事はデートに変わる。

お客さんを見て、

「めんどくさい客がきたなぁ〜」

と思っても、

そのお客が来てしまったと言う現象を
変える事は出来ない。

だけど、

考え方を変える事によって、
彼女と初デートでドライブに行く
感覚を味わう事も出来る。

=====
感じ方。
=====

僕たちは生きていく過程の中で
実は色々な凄い体験し生きていく。

しかし、殆どの人達は、
そんな凄い体験をしていると
感じる事も無く、

ごく普通に人生を終えていく。

全ての現象に対して、
どのように感じるかによって
受け取り方は変わり、
考え方すら変える事も出来る。

だから、

「感じ方」が全てなのである。

じゃぁ

今日はこのへんでぇ。

チャオ(・∀・)

 

PS
もし、あなたが感じる事が出来ない場合は、
考え方から学んでみてね。

http://amzn.to/2uPlsin

PPS
もし、あなたが感じる事が出来るなら
これは絶対に手に入れておくべき。

https://goo.gl/QgKx3G

ちなみにコレを見て
ビンビンに感じるれる人は、
3年で1億3千8百万稼げる可能性アリ。

ビンビン、
イチャイチャ、
チョメチョメ、
コンプリートBOX( ゚∀゚)・∵. グハッ!!

https://goo.gl/QgKx3G
※7月31日まで