ドリームアカデミア

とあるキッカケで
本日、朝5時40分頃、
1人の男が僕が運営する
ドリームアカデミアに
入ることを決めた。

その時に起こった
不思議な現象について

チョコっとだけ、
マジメに、
シェアする事にしよう(・∀・)

=====
深夜1時頃の出来事。
=====

僕はある男を助手席に乗せ、
とある場所に向かっていた。

本来であれば、
辰巳PAに集合予定
だったのだが、

辰巳閉鎖。
大黒閉鎖。

仕方なく大井PAに
集合する事に…

大井PAは思ったより
車は少ない。

■僕
「お疲れ様です。」

■チョコさん
「ういっす。」

=====
合流。
=====

それから、

チョコさんとは、

いつも通り、
他愛もない話をして、
グタグタになる。

結論。眠い。

■チョコさん
「あっ?腹減りません?」

■僕
「えっ?ん〜〜〜
ラーメンぐらいななら。」

そして、
僕は、ある男を助手席に乗せ、
チョコさんと一緒にファミレスに
向かうことに。

結論。僕は眠いまま。

=====
担々麺。
=====

ファミレスに
到着後、

男3名は、

担々麺を注文。

そして、
すする。

そこには、

ただ、ただ、

麺をすする音しか
流れない異様な空気。

深夜2時頃の出来事。

=====
ビジネス談義。
=====

■チョコさん
「今のままじゃダメですよ。」

■ある男
「あっはい。」

ビジネス談義をしていくうちに
ある男の今の問題点の話になり

それを解決する方法、
そして今後の未来について
話はヒートアップする。

=====
異変。
=====

話が進むにつれて、
そのある男の問題点については、
僕が運営するドリームアカデミアに
入れば解決出来ると言う流れになる。

それは朝5時頃の出来事である。

■チョコさん
「入っちゃえばいいじゃないですか。」

■ある男
「えっでも。。。」

僕の塾は30万するんだけど、
そのお金を払う事に対して
躊躇する、ある男。

=====
変化。
=====

最初は冗談半分に
話していたんだけど、

いつしか本気の
クロージングに変わっていた。

まさに、その空間は、
闇金ウシジマ君の映画の
ワンシーンのようだ。

■チョコさん
「ふ〜ん。へ〜〜〜〜〜」

あまりにも、
ある男の決断力の悪さに
微妙な空気が流れる。

■チョコさん
「30万の仕入れは出来て、
ドリームアカデミアには入れないって
ど言うこと?カメラを30万仕入れたら
利益はどれくらい出るの?」

■ある男
「大体、6万ぐらいです。。。」

■チョコさん
「その6万を守って何か
新しい変化はあるの?
少なくてもドリームアカデミアに
入れば6万以上の利益は出せるし、
今後の未来は確実に変わるよ。」

「やれば、だけどね。」

=====
収入の壁を
超えられない理由。
=====

僕は、チョコさんと
ある男のやり取りを聞いて
ある事を感じる。

その、ある男は、

昔はネットビジネスなんてのは
全く知らなかった初心者だったけど、

今はカメラ転売ビジネスで
自分の力で20万を稼げている。

しかし、
そこから思うように
利益を伸ばせない。

理由は色々とあるんだけど、

いずれにせよ、
収入を伸ばす為には、
大きく分けて選択は2つだ。

■選択その1
カメラ転売を極めるか?

■選択その2
情報発信をして稼ぐか?

で、

簡単な話。

今稼いでいるカメラ転売を
今以上にやれば収入は増えるに
決まりきっている。

だけど、カメラ転売を
極める為にはある程度の
作業時間が必要である。

しかし、
ある男は会社勤めをしている為、
1日の中で会社に8時間以上は
束縛されている。

だから、
残り16時間ぐらいしか
使える時間が無い。

睡眠時間を入れると、
カメラ転売に使える
時間は限られている。

確かに、会社勤めしながら
月に20万も稼げていたら
立派な数字である。

しかし、
ある男は、もう少し収入を稼いで
会社を辞めたいと思っている。

しかし、
ある男は、20万の収入だけでは、
会社を辞める決断が出来ない。

=====
攻めか。守りか。
=====

僕からすると、

会社で働きながら
月に20万の収入が
あれば十分だと思う。

だから無理に、
辞める必要は無い。

別にそのままでいい。

むしろ、
会社の給料を貰いながら
今のスタイルを継続し、
安定を選ぶべきである。

だから、
守りでいい。

しかし…

ある男は将来的に
会社を辞めたいと思っていて、
もっと収入を伸ばしたいとも
思っている。

それなら…

会社を辞めて、
会社で働いていた時間を
カメラ転売の作業の時間に
当てれば収入は上がる事は
分かりきっていることだから
辞めてしまえばいい。

だから、
攻めればいい。

=====
変えたいと思っても
変えられない人達。
=====

僕はこれまで
8万人以上に商品を売ってきた。

そして、何千人ものお客さんを
見てきて思うことがある。

それは…

「変えたいと思っても、
変えない。」

ことである。

そして…

「今の収入が嫌なのに、
嫌な仕事を続けている。」

ことである。

結局のところ、
現状維持。

それを日々、繰り返し、
あっと言う間に人生を終える。

1兆円稼いでも、
1秒すら買えない。

=====
本当に大切な物は何か?
=====

僕は、
「この瞬間」
が大切だと考えている。

ぶっちゃけ、
今日、僕は交通事故に
あって死ぬかもしれない。

今日、地震が起こって
死ぬかもしれない。

街なかを歩いていたら
刺されて殺されるかもしれない。

テレビのニュースをつければ、
世界各国でそんなニュースが
普通に流れている。

「自分は大丈夫!」

それは、
誰が保証しくれているのだろうか。

そろそろ、
気づくべきである。

僕たちには、
安全に生きていける
保証は何1つ無いと言う事。

会社もそうだ。

あの誰もが知っている大企業、
東芝でさえ業績不振で大量のリストラ。

=====
100万達成の事例。
=====

僕は昨年に
カメラ転売で月に30万稼いでいる
人をコンサルしたことがある。

その人の悩みも同じであった。

■コンサル生
「どうしたら100万ぐらい
稼げますか?」

■僕
「そんなの簡単ですよ。
今の会社を辞める事です。」

当たり前だけど、
会社が終わった後の時間だけで
既に30万稼げるスキルがあるんだから、

会社で働いている時間を
カメラ転売に当てれば
100%収入は増える。

そして…

そんなアドバイスをしてから
数ヶ月後、彼は会社を辞めた。

さらに…

その数ヶ月後には、
彼は月に100万の収入を
手にしていた。

=====
結局、どうしたいの?
=====

別に会社で働く事は
悪い事では無い。

むしろ、
会社で働いていると言う事は
素晴らしいことである。

サラリーマンが
毎日のように律儀に
働くから日本の経済が
成り立っている。

だから、自分の仕事に
誇りを持って働くべきである。

しかし…

自分の仕事に誇りを
感じる事ができずに、
グチグチ言ってるなら
辞めてしまえばいい。

こんな事を言うと…

「そんな事言っても
収入が無くなるじゃないですか。」

と、

殆どの人達が口を揃えて言うけど
気づいた方がいい。

「1兆円あっても1秒すら買えない
貴重な時間を無くし続けている。」

ことを。

以上。

じゃぁ

今日はこのへんでぇ。

チャオ(・∀・)

PS
あの〜少し疑問なんですが、
なんでチョコさんって人は、
吉谷さんの塾をセールスしてたんですか!

その理由はこちら。

https://youtu.be/R9YmgZViMmM