生きる意味とは?

※考えるか、考えないかは、
あなた次第。

久しぶりに漫画喫茶で
勉強をしてきたので、
その事について
シェアする事にしよう。

=====
一生忘れない
僕の修学旅行
=====

最近、うつ病の関する
記事を書いたので、

「死」と言う

キーワードについて
敏感になっていた。

その記事でも書いたけど、
うちの母ちゃんは、

うつ病で、自殺未遂を
したことがある。

あれは、
高校の修学旅行の時だった。

京都の旅館に
ある一本の電話がかかってくる。

■担任の先生
「オイ。吉谷!親父さんから電話が
あったから来るように。」

■僕
「うん?あっはい。」

■親父
「すまんな。ちょっと色々あって
母さんが自殺未遂してな。
とありえず、こっちは大丈夫だから。
一応報告しておく。」

■僕
「まっ。マジで!?」

=====
失う。
=====

うる覚えだけど、
うちの母ちゃんは、

生きる意味を
見失って、

海に向かって
歩いて行ったようだ。

ちなみに
うちの母ちゃんは
20歳頃からうつ病が
発症したらしく、

うつ病歴40年以上の
うつ病のプロである。

プロと言う表現は
ここではふさわしくは
無いが、プロである。

プロになると、
自分の死すら怖く
なくなってしまう。

=====
手に入れる。
=====

母ちゃんの命は、
まだある。

あの時、母ちゃんは、
死ななかった事によって

今、何を手に入れて
いるのだろうか。

それは、
母ちゃんしか分からない。

しかし…

きっと何かを
手に入れているはずだ。

=====
自殺島。
=====

僕が漫画喫茶で
手に取った本は、

「自殺島」

である。

とてもタイトルが
キャッチだったので
思わず、手にとって
読んでしまった。

その「自殺島」の
物語を簡単に説明すると、

〜〜〜〜〜
生きる希望を失った人達が
ある島に放り出されて、
その島で起こる人間模様が
描かれている。
〜〜〜〜〜

生きる希望を失った人達は、
色々なパターンに分かれる。

⇒ある人は、そのまま自殺する。
⇒ある人は、その島を支配しようと考える。
⇒ある人は、また生きると言う選択をする。

そして、その島を支配しようとする人達と
生きようとする人達の戦争が始まったりする。

まぁ話の内容はめちゃくちゃなんだけど、
そこで描かれている人間の心理が非常に
面白かった。

=====
生きると言う事は
命の上に立つ事。
=====

その島で生きる事を選択した
人達は、狩りを初める。

つまり、自給自足の生活だ。

最初は、
植物に生えている物を
食べたり、魚を食べたり
するんだけど、

ある時期に、
主人公が山に狩りに行く。

そして、その主人公は、
鹿を殺して肉を手に入れる。

セリフは忘れたけど、

⇒生きると言う事は、
そう言った動物の命を殺して、
自分の生きる為の栄養に変えて
いるだけのこと。

と言うような事が
書かれていた。

=====
意味。
=====

僕は、

母ちゃんの血を受け継いでいるので、
落ちる時は、かなり落ちる。

うつ病の体質を
持ち合わせているんだけど、

落ちた時は、
よくこんな事を考えていた。

「生きる意味って何?」

しかし…

この意味を

考えても分からない事だし、
考えても仕方が無い事。

そんな事は知っているが、
落ちる度によく考えていた。

「人はなぜ生きるのか?」

僕の中では、
最大のテーマであった。

=====
僕が出した答え。
=====

「自殺島」と言うマンガ本を
読んである1つの答えらしき
物が僕の中で生まれた。

結論。

⇒生きる意味は無いが、
死んでいった命の為に生きる。

である。

そう、

僕たちは、生きる過程の中で
多くの命を吸収して生きている。

⇒植物の命
⇒加工された魚の命
⇒加工された肉の命

目の前に運ばれてくる

綺麗な料理には、

無数の命が散りばめられている。

僕たちは、

目の前の加工された綺麗な物
しか見ていないけど、

その裏では、

牛や豚はベルトコンベアーに
運ばれて無残に殺されている。

=====
生きると言う事は、
殺すこと。
=====

こんな記事を書いている
僕も、昨日は吉野家に行って、
牛丼を食べた。

つまり、
牛さんの命を貰ったのだ。

僕はこれからも
牛丼を食べ続ける。

なぜなら好きだし、
美味いから。

牛が無残に殺されている事を
知っていても、それでも食べる。

例え、、、

自分の目の前で牛が解体されても、
牛の肉を食べるだろう。

だってマグロの解体ショーを見て
美味しそうって思うでしょ。

脳の回路は、
書き換えが可能である。

牛が解体されている
様子はグロいかもしれない。

でもマグロの解体も
本質は一緒である。

きっと、牛が殺されている光景が
生まれた瞬間からテレビで放映されていて、

そこらへんの
スーパーでも牛の解体ショーが
行われていたらきっと人間は、

「美味そうな肉」

としか思わないであろう。

=====
殺した命の為に
罪を償う。
=====

罪を償うと言うのは、
少し大げさのように
聞こえるかもしれない。

でも、

実際問題、僕たち人間は、

⇒魚さんを殺している。
⇒牛さんを殺している。

では犬や猫を殺すと…
では犬や猫を虐待すると…

何かの罪に問われるかもしれない。

しかし…

魚や牛を平気で殺しても
何も問われる事は無い。

人間とは、
自分勝手な生き物である。

それでも、
僕たちは自分勝手な
生き方をするだろう。

でも、
忘れてはいけない。

そこには、
無数の命を奪い、
自分が生きている事を。

だから、

⇒美味しい魚を食いたいなら
⇒美味しい肉を食いたいなら

そう言った命を奪った
償いをしなければいけないのだ。

償いとは、

「奪った命の分まで生きる」

である。

=====
まとめ。
=====

生きる意味なんて
考えても仕方がない。

でも…

考えなければ
いけない事があると
するなら、

生きると言う事は、
他の命を貰っている
と言う事である。

だから、

そう言った命の為に、
僕たちは生きなければいけない。

終。

PS
これは、確実に見ておく事をオススメします。

https://youtu.be/qDBQmEcJPeU

※年齢制限アリ