不審者に絡まれた話。

※この文章はフィクションです。

昨日、1ヶ月と10日ぶりぐらいに
僕の愛人が納車された。

今回の愛人の仕様は、
600馬力仕様⇒500馬力仕様
に、まさかのグレードダウン(゚A゚;)

https://goo.gl/tUNPs8

理由としては、
現在付けているAPEXのタービンが
もう売っていないwww

と言う事で、今回は
HKSのタービンを付けて
街乗り仕様に変更する事に。

感想としては、

前に比べると
乗りやすい(・∀・)

ただ、

シフトチェンジすると、
やたらシュポシュポうるさいw

シュポシュポの意味は
車好きにしか分からんな(;゚∀゚)=3ムッハー

と言う事で、本題に
入っていく事にしよう(・∀・)

=====
辰巳SAで
起こった事件。
=====

車が納車されて、
試運転を兼ねて
首都高をドライブ。

そして、
休憩所は辰巳SA。

辰巳SAで
コーヒーを飲みながら、

■僕の心の声
「今日は雨やから、
そんなに攻めれんな〜〜ふ〜〜」

そんな感じで
休憩をしていると、

コンコンコン!!

■不審者
「あのすいません!
ガソリン満タンにするんで
助けてもらえませんか!」

■僕
「どうしたんですか?」

■不審者
「なんか疲れちゃってエンジン付けて
仮眠していたらガス欠になっちゃって。」

■僕
「なるほど。。。」

■不審者
「一緒にガソリンスタンドなんて
行って貰える事出来ませんか?」

■僕
「JAFとか保険のロードサービスには
連絡されましたか?今の保険って
ロードサービスとかついてますよ。」

■不審者
「すいません。それがJAFにも入ってないし、
保険にも入ってないんです。。。」

=====
まさかの
保険未加入。
=====

■僕
「あっ。。。そうなんですね。」

■不審者
「なので一緒にガソリンスタンド行って
欲しいんですけど、無理っすか?」

■僕
「あの〜ガソリンて
売ってくれるんですか?」

■不審者
「あの〜前に友達が同じような事があって
大丈夫だったので。。」

■僕
「そうなんですね。でも、ガソリンスタンドによっては、
売ってくれない所もあるかもしれないと思いますよ。
電話はしました?」

■不審者
「そうですね。じゃぁ電話してみます。」

=====
10分後…
=====

コンコンコン!!

■不審者
「あの〜ここから6キロ先の
ガソリンスタンドなら
大丈夫みたいです。」

「ただ、そこはデポジットで
5000円が必要らしいんです。」

「今、全然現金が無くて、
5000円貸して貰う事って無理ですよね?」

■僕
「あっ。。。。
5000円持ってないんですか???」

■不審者
「あっはい。家に帰れば
あるんですけど…」

■僕
「なるほど。。。」

この人怪しすぎるやろ!!!!!!!!!!!!!

保険にも入ってない!!!
5000円も持ってない!!

どう見ても怪しすぎる。。。

しかも服装とかも
ボロボロやし。。。

どうする俺!!!!!!

■僕
「ちょっと6キロ先は遠いっすね。
この近くのガソリンスタンドには
電話はしましたか?」

「僕がよく行く所、
たしか24時間だったと思います。」

グーグル・マップで
そこのガソリンスタンドを調べる。

「電話番号コレです。
ちょっと電話してもらっていいですか?」

■不審者
「分かりました。」

=====
5分後…
=====

コンコンコン!!

■不審者
「あの〜ここ大丈夫見たいです。」

■僕
「分かりました。では行きましょうか。」

=====
妄想する。
=====

もし、運転中にボコボコにされたらどうしよう(゚A゚;)ゴクリ
もし、運転中に包丁でさされたらどうしよう(゚A゚;)ゴクリ

もし、運転中に…

「お前。こんな車に乗りやがって!
マフラー音うるせーんだよ!
調子に乗ってんなよ。若造が!!
金よこせ!こらぁ!!」

って言われたらどうしよう(゚A゚;)ゴクリ

まさか!!!
これが最新のオヤジ狩りなのか(゚A゚;)ゴクリ

=====
覚悟を決める。
=====

全く見知らぬ人と密室空間に
なるのは非常に怖いが、、、

ここまで来たらしょうがない。

乗せてガソリンスタンドに
行こう(゚A゚;)ゴクリ

僕は、その不審者を
車の助手席に乗せて
ガソリンスタンドまで
車を走らせた。

=====
問題の車の
中の会話。
=====

とりあえず、
空気はあきらかに
気まずい。

僕も正直ビビっていた。

■僕
「お仕事は何をされているんですか?」

■不審者
「イベント関連の仕事ですね。
休みとか、時間とか不定期で。。。
昨日は徹夜だったんですよ。」

■僕
「なるほど。大変なお仕事ですね。
その仕事は何年ぐらいやっているんですか?」

■不審者
「そうですね。
10年ぐらいはやっています。」

■僕
「あ〜そうなんですね。」

=====
ガソリンスタンドに
無事に到着。
=====

■不審者
「先程、電話したものなのですが、」

■ガソリンスタンドの店員
「あ〜。こっちです。」

■不審者
「分かりました。
あの〜先にガソリン入れて下さい。」

■僕
「りょうかいです。」

僕は、不審者を助けたお礼として
ガソリンを手に入れた(・∀・)

ピローン!!!

レベル20リットル上がる。

=====
辰巳SAへ戻る。
=====

まだ、安心は出来ない!!!!!!

もしかしたら、

何か仕掛けてくるかもしれない!!!!

とりあえず、
何か話して気を紛らわさないと。。。。

■僕
「趣味とかはあるんですか?」

■不審者
「そうですね。ゴルフとか、
麻雀とか囲碁とかですかね。」

■僕
「結構ありますね。。」

■不審者
「はい。麻雀は特に好きで
雀荘に週5は通ってます。」

まさかの
ジャンキー(゚A゚;)ゴクリ

=====
願い。
=====

冷静な顔で運転していたが、

僕の心の中では、

早く!とにかく早く、
辰巳についてくれ!!!!!!

不安と恐怖が交差する。

=====
生還。
=====

そして…

ついた(・∀・)

無事に何も無く。

辰巳SAへ。

=====
不審者の男を
助けた理由。
=====

今回、
助けるか、
助けないか、

非常に悩んだ。

そして、

途中で

「すいません。
用事が入ったんで
帰ります!」

と言おうかと
何度も悩んだ。

しかし、、、
助けてしまった。

でも助けた理由は、
ちゃんとある。

それは…

僕が何度もサービスエリアで
助けて貰った事があるからだ。

僕は、車で全国を回って
セミナーをするんだけど、
色々なトラブに巻き込まれる。

バッテリーが上がったり、
いきなり走行中にエンジンが
停止するなんて事も。。。

そんなピンチの時、
僕は沢山の人に助けて貰った。

だから、
痛い程知っている。

「車が動かなくなった時に
感じる、ヤバイって言う思い。」

あの感覚は、
正直、味わいたく無いものだ。

=====
見込み客の
感情を理解する。
=====

いきなり、
ビジネスの話しをする事にしよう。

もし、あなたが何かしら
商品を販売するなら、

見込み客がどのような
感情なのかを理解しなければいけない。

⇒人は感情の生き物。

だから、相手の感情を理解すると、
相手の感情を動かす事も可能である。

=====
見込み客の感情を理解すると
見込み客が求めている
アクションが出来る。
=====

例えば…

今回の車の件もそうなんだけど、

僕が相手の感情を理解していたから、
僕は相手が求めるアクションを取れた。

もし、
僕が相手の感情を理解していなければ、
相手が求めている

「助けて下さい」

には、反応しなかっただろう。

だって。。。
めっちゃ怪しかったしwww
怖かったしwww

でも、
僕は相手の感情レベルを
理解していた事によって、

怪しくても、怖くても、

見知らぬ人を助けると言う
アクションを起こした。

=====
感情レベルを
理解する2つの方法。
=====

■1つ目
アンケートを取る。

■2つ目
自ら体験する。

アンケートの重要性については
ここで書くとさらに長くなるので
割愛する事にしよう。

今回、
意識して欲しいのは
2つ目である。

では、僕は2つ目の事を
どのように体験しているのか?

⇒電車はグリーン車に絶対に乗らない。
⇒新幹線は自由席しか買わない。
⇒飛行機は格安のジェットスターを利用する。
⇒タクシーは使わない。

僕の扱っている商品は、
富裕層向けの商品では無い。

お金が無い人に
お金を稼ぐ方法を
教えている。

だから、
お金が無い人が
利用する物を
僕も利用する。

そうする事によって、

その見込み客が味わっている
感情を理解する事が出来る。

例えば…

わざと満員電車に乗る事によって
見込み客のフラストレーション(感情)を
自ら体験する事が出来る。

体験する事によって、
どのようなメッセージを見込み客に
流せば、反応してくれるのか?
それが自然に分かる。

だから、

グリーン車に乗れる
経済的ゆとりがあっても
僕はグリーン車には乗らない。

=====
まとめ
=====

相手の感情を理解するには、
自分が同じ体験をすることだ。

⇒マーケティングをいくら学んでも

感情までは学ぶ事は
難しいだろう。

人間は感情の生き物
なんだから、

その感情を理解し、
その感情を操作出来たら
それが最強のマーケティング
だと僕は思っている。

本をいくら読んでも
成果が出ないのなら、

人間の心理を
学ぶことだ。

じゃぁ

今日はこのへんでぇ。

チャオ(・∀・)

PS
そして、
この人は最強のマーケテイングを
活用して3年で1億3千万。

https://goo.gl/gBXhGl