あなたが忘れた物

それは、

昨日の秋葉原に
行った時に発見した
ある財布について、
お話しようと思う。

その、

財布は、

僕が秋葉原のヨドバシカメラで
商品を見て居る時に発見した財布である。

基本的に、ヨドバシカメラは
電化製品を主に売っているわけだから
そこの財布があるのはおかしい。

しかも、

僕が発見した場所は、

ヘッドホンを視聴する
コーナーである。

『おっ!!!コレ財布の忘れ物!!!
しかもだいぶ厚いぞ。コレ(・∀・)』

そう。

僕は偶然に発見してしまった。

高級ブランドの財布。。。

そして、かなり分厚い感じ。

まぁまぁ現金は入っていると
予測が出来る。

『待て!待て!待て!
落ち着け。俺。』

とりあえず、

周りを徘徊する。

『見てない!』

『誰も気づいていない!』

======
1つの決断。
======

『あの〜
すいません。
恐らくこれ
忘れ物っすね。』

警備員に落とし物の
情報を伝える。

そう。

僕は、目の前にあった
チャンスを逃してしまったのだ。

間違いなく、

あそこで僕が財布を拾っても
誰も気づかなかっただろう。

僕は、目の前にあった
お金を逃してしまったのだ。

======
21年前の話。
======

僕の家はとても貧乏だった。

母ちゃんは毎日のように

『うちは、どうして
こんなにお金が無いの!』

が、

口癖。

僕はそれを聞いて、

『なんで、おれんちは
貧乏なんだ。。。』

と思っていた。

で、僕が13歳の時に
事件は起きる。

僕は、近くにある駅に置いてある
チャリンコを盗んでしまった。

■チャリンコを盗んだ理由。

貧乏で、お金が無いのに、
新しいチャリンコを買って!!
とは親に言えなかった。
である。

そして、
そのチャリンコを
盗んでから数ヶ月後…

======
僕はポリスに
捕まった。
======

正確に言うと、
僕がヘマをこいたわけでは無い。

先輩にそのチャリンコを貸したら、
先輩がポリスから職務質問をされて、

■ポリス
『君!この自電車はどうしたの?』

■先輩
『このチャリンコ。
後輩から借りてるだけっすよ!』

■ポリス
『じゃぁ、その自電車を借りた子の
連絡先を教えてくれる!?』

■先輩
『わかりました。』

このような経緯で
僕の個人情報は流出し、、、

家に一本の電話が入り、
ポリスの元へ。

======
13歳の時に浴びた
ポリスの洗礼
======

一生忘れる事は無いだろう。

交番の2階の小さい部屋で
ポリスからの3時間以上の
事情聴取。

もう、涙で前は見えなかった。

小さい部屋で

ずっと泣きじゃくる
13歳の俺。

■涙には色々な理由があった。

『くっそ!あの先輩がヘマこかなきゃ!
こんな目に合わずにすんだのに!!!』

『くっそ!なんで俺の家は貧乏なんだ!
もし、貧乏じゃなかったら!こんな事は
絶対にしなかった!!!!!!!!!!』

まぁこんな感じ。

だから、

どちらかと言うと、
盗んだ事に対しての
反省の涙では無く、

悔し涙が大半を占めていた。

======
21年後の話。
======

僕は、目の前にある
お金を盗む事は無かった。

きっと21年前の僕だったら
その財布を盗んでいただろう。

『お金が無い』

と言うのは、

時には人を間違った方向に
歩ませてしまうものだ。

だから、

人生は『お金』じゃないけど、
生きる為には『お金』が必要である。

つまり、

この世で生きていく為には、
お金と向き合い続けなければいけない。

『お金の問題』

は、

『人生の問題』

である。

だから、僕たちはお金に対して
真剣に考えなければいけない。

そして、ある程度自分の
自己を満たしてくれるぐらいの
お金は稼がないといけない。

なぜなら…

自己が満たされないと、
チャリンコ盗んじゃうからねw

残酷な事に…

あなたの抱える問題の99%は
お金で全て解決出来てしまう。

残りの1%は本当の愛ね(・∀・)

これはお金じゃ買えない。

でも、99%はお金で解決が
出来るから愛なんてのは、
殆どの人は忘れる。

実は、お金も大事なんだけど、
この1%も非常に重要。

なぜなら、どれだけお金があっても
この1%のピースが無いだけで、

100%にならないからね。

では。では。

チャオ(・∀・)