行政処分を受けて感じたこと

今日、免停の処分を受けに
免許センターに免許証を預けに行った。

恐らく50人近くの人が居たんだけど、
前に座っていたおじさんが
すげぇ〜奇妙な動きをする。

時にはニヤニヤしたり、
時には小言を喋ったり…

何かやってんのかな?

と少し思ったり。

で、よ〜くそのおじさんを
観察していると、

何か心の中でホッとする
自分が居た。

===========
素直に生きいるおじさん。
===========

教官
「え〜っと今日は印鑑持ってきてますか?」

おじさんの表情
「あっ!忘れた」

教官
「え〜っとこれから1年間、
 無事故、無違反だと
 点数はリセットされます。」

おじさんの表情
「おっ!おっしゃぁ!」

教官から免停に関しての説明が
ある度に、リアクションを取る
おじさん。

そして、その表情が妙に
かわいい。。。

50人近く色々な大人が居て
ほとんどの大人たちが、

どんよりした顔をして
下を向いていたけど、

そのおじさんは、
誰よりも無邪気だった。

たまたま、
今回は運が悪かったんだね。

===========
暴れるおじさん。
===========

一方では、

「オイ!俺は切符を切られた時に
 警官にも言ったが違反はしていない!」

「なんで、この行政処分の通知が
 来るんだ!!!!!!!!!!!!」

と、暴れるおじさんも居た。

その表情は、
怒りに満ちあふれていた。

おじさん。
どんまい。

===========
運を作り出す方法
===========

僕も行政処分を食らって
免停になった一人。

一応、お金を払って講習を受けると
免除されてスグに車には乗れるみたいだけど、

僕は、講習は受けずに、免許証を預けて
免許センターを後に…

僕達は、生きている過程の中で
色々な出来事に遭遇する。

そうした、遭遇の中で物事を
どのように捉えていくか?

それによって
運を引き寄せるのでは無く
運を作りだす事が出来る。

例えば…

今回は免停になったけど、
免停になった事で車が運転出来ない
と言う状況になった。

この状況は裏を返せば
自分が車を運転して交通事故を
引き寄せる確率は0%になったと
言う事にも言い換えられる。

もし、免停になって居なかったら
車を運転中に、急に子供が飛び出してきて
交通事故を起こしていたかもしれない。

しかしながら、
もうその確率は0%。

運が良いとしか
言いようが無い。

===========
引き寄せの法則の真実
===========

よく、引き寄せの法則的なのがあるけど、
実はあれは引き寄せてるのでは無く、

引き寄せを作っているから
引き寄せられるだけの事。

全ての物事には、
原因と結果の方程式が
成り立っている。

今回の免停にしてもそう。

免停を受けたと言う結果は、
交通違反をしたと言う原因が
あるからに過ぎない。

===========
運が良い人と
運が悪い人の違い。
===========

世の中には運が良い人と言うのが居る。

でも、運が良いと言う結果をもたらしているのは、
運が良い行いをしていると言う原因がある。

⇒では運が良い行いとは何か?

それはどのように物事を解釈し
変える事が出来ない無い現実を受け入れ
プラスに転換する事で良い行いをしようとする。

例えば、

マイナスの状態の時の行動と、
プラスの状態の時の行動とでは、

その行動には明らかに
変化が出る。

運が良さそうな人間は、
常にポジティブな傾向がある。

===========
結局は考え方が全て。
===========

地球上を見渡すと、
北極と南極が存在し、

身近な生活の中に例えるなら
スマホの中に入っている電池。

電池にも、
マイナスとプラスが存在する。

人間界においては、
男と女が存在する。

男と女が互いに受け入れた時に
新しい子孫が生まれる。

生きると言う事は、
常にマイナスとプラスが同居していて、
それが当たり前の現象にしか過ぎない。

悪い事もあるし、
良いこともある。

それを受け入れる事が出来なければ
生きていくと言う行為は一瞬にして
辛い事に変わることだろう。

逆に受け入れる事が出来れば
新しい発想、新しい考え方が
作り出される。

あっ運もね。

そして、
その新しい発想や
新しい考え方を元に
行動をすると、

新しい現象を引き寄せる。

実は世の中は
複雑に入り組んでいるように
見えるけど、全ての現象は
全てシンプルな構造で成り立っている。

今後、地球規模の感覚で物事を
見ると全ては「受け入れる」と
言う事がキーワードになってくる。

近い将来。

本当の真実。

そう。

僕達は、宇宙人を
受け入れなければいけない。

信じるか信じないかは
あなた次第。

チャオ〜(・∀・)

PS
僕の本です。興味があればどうぞ、
http://goo.gl/eh7arh