120時間LIVEの舞台裏

AM:6時10分

大阪に行く前に
秋葉の事務所に寄ってみると…

そこには
異様な光景が
広がっていた。

=====
たった1人の廃人。
=====

目は明らかに昇天しており、
意識はあるのか…

■僕
「大丈夫?」

■ケンちゃん
「全然。」

なぜ?そんな状況に
なってしまったのか?

その理由は…

120時間LIVEと言う
馬鹿げた企画をやっている
最中で全く寝ていない。

既に寝ずにLIVEをして
3日間が経過しようとしている。

そして…

120時間のLIVE放送時間は、
残り48時間。

=====
吉谷さんって、
寝てるんですか?
=====

これは、よく僕の
お客さんから聞かれるんだけど、

ハッキリ言って、
めちゃくちゃ寝ている(笑)

1日の睡眠時間は
平均8時間ぐらい。

もう、今年で36歳の
おっさんなわけだから、

普通に寝ないと
持たない。

ただ、動画はYouTubeに
6000本以上アップしているから、
普通の人よりやっているように
思われる事が多い。

=====
1日15時間の労働。
=====

僕は以前まで
会社でほぼ毎日泊まり込みで
15時間近く働いていた。

時には、
睡眠時間は4時間。

で、

20時間働いていた
次期もある。

そんな生活を
10年近くやってきたから、
今の仕事量は全然なわけ。

例えば…

サラリーマンの人が
8時間平均して会社で
働いているのであれば、

その時間を全て動画を
撮影する時間に当てれば、

1日で動画は
約100本近くは撮影出来る。

5分✕12本=1時間

12本✕8時間=96本。

勿論、休憩も必要だから、
こんなには撮影は出来ない
だろうが、最低に見積もっても

8時間本気で撮影したら、
1日50本は取れると思う。

=====
人生と言う限られた
命の時間を何に使うか?
=====

大抵の人達は、

会社に就職して
会社で働く時間に

人生の大半、

つまり命と言う限られた
時間を会社で働くと言う
時間に使ってしまうのだ。

別にこれは決して
悪い事でも無いし、

普通に生きていれば、
当たり前の事なのかもしれない。

=====
普通に時間を使うか、
異常な時間の使い方をするか?
=====

僕は2年程前に
ケンちゃんと100時間LIVEを
やった事があるんだけど、

開始30分で…

「あと99時間30分も
あるやん。。。。」

と嘆いていた。

つまり…

100時間LIVEをやった
直後に後悔した(笑)

そして、
そんな状況から
地獄の100時間LIVEは
続いたのだった。。。

=====
逃げると言う選択。
=====

そんな苦い経験をした
ことがある僕は、

ケンちゃんが
120時間LIVEを
やると言う事を聞き、

「またバカな事を
やって何の意味があるの?」

なんて心の中で
ボヤいていた。

つまり…

心の中で逃げている
自分がそこには居たのである。

でも、
今日のケンちゃんの
廃人のような姿を見て
思った事がある。

それは…

=====
240時間LIVEの決行。
=====

である(・∀・)

■僕
「そもそも、なんで
120時間LIVEを
やる事になったの?」

■ケンちゃん
「えっ?ただのノリですw」

そんなノリが良い
ケンちゃんなら

240時間LIVEに
賛同してくれると
僕は信じている(・∀・)

240時間LIVEの決行次期は、
8月の末ぐらいかな。

「ねぇ。ケンちゃん」

24時間テレビの
10倍やっちゃおうぜ(・∀・)

=====
バカげた挑戦こそ、
歴史を変えてきた。
=====

だって…

ライト兄弟が

「空を飛びたい」

なんて言うバカげた挑戦を
しなければ飛行機は開発
されていなかったのかも
しれないんだから。

「ねぇ。ケンちゃん」

「きっと大丈夫。
2人でやれば交代して
寝れるから(・∀・)」

=====
1億稼いだ、
弟子が言ったセリフ。
=====

で、僕もイキナリ、
話を飛ばす事にしよう。

それは、
この前の出来事。

■僕
「今度一緒に動画を
取ろうぜ(・∀・)」

■元、弟子
「もう動画は取らないですね。
動画を取るメリットが無いので。」

まさかの師匠からの誘いを
普通に断る元、弟子。

心の中では凄く
残念な気持になった。

と、同時に

なぜ?彼が1億以上を
稼ぐ事が出来たのか?

その理由も理解出来た。

単純に自分にメリットが
あるビジネスだけを選択し、
選んでやってきた結果、

1億稼げた。

と言う事が推測
する事が出来た。

=====
しかし…
まさかの展開に。。。
=====

結論から言うと、

この前、彼が住んでいる
タワーマンションでLIVEを
やっていたんだけど、

出演してくれたのである。

さらに、
こんな発言も…

「毎日とかは無理ですが、
また出ても大丈夫ですよ。」

ちょっと嬉しかったし、
なんか変な気持になった。

=====
僕が弟子に
してきたこと。
=====

自分にメリットがあるから、
弟子の指導を毎日やっていたのか?

と言われる、
そうでも無い。

メリットが無くても、
彼らに真剣に向き合い、

そして、真剣にぶつかって、
指導をしたと思う。

時には、
ぶん殴った事もある。

「吉谷さん!
もう一度殴ってください!」

なんて事も言われた。

ちなみに…

そんな事を言ってきた弟子が、
先程紹介した1億稼いだ男である。

話を戻そう。

=====
240時間LIVEをやって
何のメリットがるのか?
=====

ハッキリ言って、
240時間バカをさらして、
10日間、LIVEを続けても、

その先は…

2人で廃人になっている
絵図らが想像出来る。

そして、
今日こんな発言をした事を
きっと後悔しているだろう。

でも…

■僕
「そもそも、なんで
120時間LIVEを
やる事になったの?」

■ケンちゃん
「えっ?ただのノリですw」

どれだけ年齢を重ねて、
おっさんになっても、

「ノリ」だけは、
捨てたくないモノである(・∀・)

だって、、、

普通の生きて、
普通の人生を送って、
普通に死んでいくのは
絶対に嫌だから。

そこに、
メリットがあろうがなかろうが、
お金が稼げるとか稼げないとか、

そう言った小さい事じゃなくて、
限りある命と言う時間を

バカげた事に使える
自分でありたい。

これからも
いっぱいバカな事やって、
色々な事にチャレンジして、

普通じゃない、
アグレッシブな人生を
生き抜いて死んでいきたい。

なぜなら、

「どんな事にでも挑戦が出来るヤツは、
ちょーカッコイって思うから(・∀・)」

「挑戦をしない人生なんて
リスクなのだ(・∀・)」

ただし!

挑戦しなくても良いものもあるけど。

240時間LIVEとか(笑)

良い子はマネしないでね。

だって、、、
他人からきっと笑われるから。

=====
最後に…
イチローの名言をシェア。
=====

「常に人に笑われてきた、
悔しい歴史が僕の中にある」

「僕は子供のころから人に
笑われてきたことを常に
達成してきたという自負がある」

「アメリカに行くときも
『首位打者になってみたい』
と言って、そんな時も笑われた」

では。では。

今日はこのへんでぇ。

チャオ(・∀・)