銭湯物語

今日はとても、
面白い偶然に遭遇
したので、

その物語について
語ろうと思う。

=====
突然の閉鎖。
=====

最近は、
YouTubeLIVEで
ハイボール研究所と
言う企画をやって、

毎晩飲んだくれ
生放送をしている。

で、

その放送の翌日は、
微妙に体調が不良。

その体調を回復するべく、
朝起きたら銭湯に入りに
行くと言うのが日課。

そして、
よちよち歩きで
一番近くの銭湯、
⇒神田アクアハウス 江戸遊
に向かった。

銭湯につくと、
何かいつもと違う感じ。

よ〜く見ると、

ビルのメンテナンスで
ビル全体が閉鎖されていた。

■僕の心の声
「おい!なんでやねん!」

そんな気持ちが出た瞬間に、
次の事を考え始める。

■僕の心の声
「しゃぁ〜ない。
じゃぁあそこに行くか。」

また、
そこから5分ぐらいの所にある
⇒アキバの湯
に向かった。

=====
清掃のおっさん、
大量発生。
=====

アキバの湯に入ろうとしたら、
受付前に清掃業者らしき人達が
大量にいる。

■僕の心の声
「えっ!?マジ!?」

■僕
「すいません。
今日ってお風呂入れます?」

■お店のスタッフ
「すいません。
今日は清掃なんですよ。」

■僕
「あっはい。
わかりました。。。」

なんと、
僕が知っている秋葉にある
銭湯は全部壊滅状態。。。

それから数分考える。

■僕の心の声
「そうだ!上野行こう。」

と言う事で、

秋葉を出て上野まで
行く事にした。

その頃には、

もう、よちよち歩きでは無く、
すっかりと地に足を付けて、

僕は上野にある、

カプセル&サウナ

⇒センチュリー

に向かった。

そして、15分ぐらい歩いて、
僕は目的地に到着した。

=====
静かなる、
センチュリー。
=====

■僕
「すいません。
風呂3時間で。」

■受付のおっさん
「すいません。
今日は清掃なんですよ。」

■僕の心の声
「なんやと!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

そして、
僕は途方にくれる。

上野まで歩いて来て、、、
風呂に入れないなんて、、、

僕は早速、
携帯からスマホを取り出し
Google Mapsで近くの
銭湯を探すと言う衝動にかられる。

=====
Google Mapsが
示したある場所。
=====

その名は、

「サウナ&カプセルホテル
ダンディ(・∀・)」

なんと言う、
チャーミングな名前なんだ。

さらに…

ダンディのキャッチコピーは、

「上野最大露天風呂完備!」

■僕の心の声
「お〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
まさか上野に露天風呂が
あるなんて!!!!!!」

僕は心をウキウキさせながら
ダンディに向かった。

それから5分ぐらい…

僕は目的地の
ダンディに到着。

■僕の心の声
「どんな露天風呂が
あるんだろぉ!!!
ワクワク。ワクワク。」

いざ、入浴!

■僕の心の声
「どこだろぉ。
上野最大の露天風呂って。。。」

■僕の心の声
「あっあった!」

=====
奇跡の3文字。
=====

上野最大級露天風呂の
前にはこんな張り紙が、、、

「清掃中」

■僕の心の声
「なに〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!」

と、

言う事で上野最大級の
露天風呂に入る事は
出来なかったのである。

仕方なく、

僕は普通の風呂に入り、
サウナに入った。

そして…

サウナでは、
テレビが置いてあり、

ジャパネットたかた
のセールスが始まっていた。

僕は真剣に、
ジャパネットたかたの
利益還元祭で売っていた、

掃除機の売り方について
勉強を始めることに、、、

=====
人生の物語を
変える方法。
=====

もし、あなたが

今の人生を退屈な
日々を過ごしているなら、

もし、あなたが

今の収入に
満足していないなら、

それは、
ある1つの法則を
知らないからかもしれない。

=====
物語を劇的に変える、
たった1つの法則。
=====

それは、

思う⇒決める⇒叶う。

と言う法則である。

この法則をマスター
すると大抵の物は、
殆ど叶ってしまう。

もし、あなたが、

今の人生を退屈な
日々を過ごしているなら、

■ステップ1
風俗に行きたいと思う。

■ステップ2
お店を決める。

■ステップ3
退屈な日もスッキリ快調!
(当たりハズレありw)

もし、あなたが、

今の収入に
満足していないなら、

■ステップ1
月収100万稼ぎたいなぁと思う。

■ステップ2
月収100万を稼ぐ事を決める。

■ステップ3
上司に辞表を提出する。

大抵の人間は、

何かを思うまではするけど、

「決める」と言う事が出来ない。

決めてしまえば、

方法などはどうでもいい。
ルートなどはどうでもいい。

大抵の物は、
叶ってしまうものだ。

なぜなら、
決めているから。

僕が色々な障害が立ちはだかっても、
お風呂に入る事が出来たのは、

お風呂に入りたいと思い、
お風呂に入る事を決めていたから。

だから、
最終的にはお風呂には入れた。

=====
人類が宇宙に
行けた理由。
=====

それは、

人類が、

ステップ1
宇宙に行きたいと思い、

ステップ2
宇宙に行く事を決めたことで、

ステップ3
今では宇宙ステーションがある。

僕は間違いなく
あと数百年後には、

人間は火星に
住んでいると思っている。

なぜなら、
水面下で火星移住計画を
決めているからである。

=====
決められない
大きな理由。
=====

例えば、

お金を稼ぐと言う事で言うなら、

⇒本当に大丈夫かな?
⇒本当に稼げるかな?
⇒詐欺なのかな?

的な発想が、
決められない
理由である。

なぜなら、
結局のところ、

「やってみないとわからない。」

と言う事実がある以上、
そんな発想をする時点で
無駄なのである。

人類が宇宙に行けたのも、

ロケットを飛ばしてみて
分かった事があるから、

宇宙までロケットを
飛ばせるようになった。

そして、
その過程の中。

ロケットが爆発して、
死んだ宇宙飛行士も沢山いる。

でも、
人類は宇宙に行く
事を決めていたから、

だからロケットを
飛ばし続けたのである。

=====
無駄な事を考えて
無駄な人生を送る。
=====

この世の中は
非常にシンプルに
出来ている。

雨がふり、
太陽が差し、
植物は育つ。

人生においても
一緒であり、

雨も必要だし、
太陽も必要。

だから無駄な事を
一切排除して、

シンプルに考え、
この法則通りに行動すれば、
大抵の物は叶ってしまうのだ。

■思う⇒決める⇒叶う。

たった1つの道を決めてしまえば、
そこを歩くしかないのだから。

では。では。

今日はこのへんでぇ。

チャオ(・∀・)